お料理トピックス

本館9月 金澤懐石〈お椀で松茸、焼物で子持ち鮎をお楽しみ下さい!ボルシチ風の炊合せも絶品〉

2021.9.17

* 9月中旬〜10月初旬の献立の一例となります。
* 旬のうつりかわりや当日の仕入れ、
料金やプランにより多少料理の変更がございます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

前菜-お盆IMG_1715

【前菜】
のどぐろ焼浸し 秋刀魚棒寿司 長芋すじ子のせ 黒藻酢 栗渋皮煮 松茸 菊菜 菊花お浸し

・旧暦の9月は重陽の節供で長寿を願う節供です。「菊」「栗」などを食べる風習があり、今月の前菜にも使われています
・栗渋皮煮/栗を渋皮をつけたまま甘く煮てあります。皮はあずきの様な風味でむかずにお召し上がり頂けます

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

お椀IMG_1736

【椀物】萩真薯
まつたけ  いんげん 柚子

・真薯(しんじょ)を白い萩の花に見立てた秋らしい風情のお椀です
・柔らかい真薯にゴロっと銀杏が入り、味わいと食感の両方を楽しめます

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

鮎IMG_1775

【焼物】子持ち鮎塩焼き
月見卵 茶豆 石川小芋 矢生姜 稲穂 たて酢

・今だけ! 子持ち鮎を塩焼きでお楽しみ下さい
・稲穂を揚げてお米をポップコーンの様にしました
・たて酢/河原に生える“あゆたて”という草をすりつぶし、酢でのばしたものです。とろみにお米が入っています。
少し苦味はありますが、鮎の香りを引き立てる焼き鮎にかかせない調味料です。
「たで食う虫も好きずき」の“たで”は“あゆたて”のことです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

炊き合わせIMG_1786

【炊合せ】
和牛ロース ビーツ煮込み 海老芋 菊南瓜 ペコロス スナックエンドウ サワークリーム

ロシア料理のボルシチ風に仕上げた炊合せは、肉と野菜の旨味がスープに染み渡った絶品です
・和牛ロースは口の中でとろけるほど柔らかく煮込まれています
・ペコロス/小さな小玉ねぎでプチオニオンとも呼ばれます
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ほか 食前酒、造里、温物、鍋物、酢の物、食事など

金澤懐石は本館のスタンダード料理です
▶︎金澤懐石 予約頁へ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
 
【別注料理】に毛ガニ
*3日前までにお電話、予約サイトのオプションでお申込み頂けます
毛ガニ 一杯 13,200円

img_option_kegani


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

肉は【炊合せ】に少々付きますが
肉をたっぷり召し上がりたい方はこちらをおすすめします

【和牛の別注料理】
*別注料理は公式予約サイトでの予約時にオプションでご予約、またはお電話でお申込みいただけます

▶︎能登牛ステーキ・特撰国産黒毛和牛ステーキ(別注料理ページへ)

0759000100139
黒毛和牛ステーキ/もう少しお肉を召し上がりたい方におすすめです

肉ステーキ別注IMG_7246補正
能登牛ステーキ/肉をたっぷり召し上がりたい方におすすめです

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【肉メインのプラン】
*公式予約サイトでご予約いただけます

▶︎本館【国産和牛の旨味を楽しむ!】特撰和牛懐石 予約頁へ

肉プラン_68T7031 
 
▶︎本館【メインをチョイス】お好きな食材をお一人様ずつ選べるプラン~ 予約頁へ 

0759000100139

ページの先頭へ